Office Oogi of Labor and Life Support P-SEC ~   Home

●働く人の強みを引き出し生かす~人づくりのワンストップ・コンシェルジュ~

~~~~~~~~~~~~~~~~  Menu  ~~~~~~~~~~~~~~~~

関連イベント案内!   作業管理実務講習in九州のお知らせ

 ※弊事務所は、日本予防医学協会様と連携し作業管理を推進する社労士です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年度(平成30年度のお役立ち情報(改正)等)

社会保険労務士 おおぎ事務所が、ご紹介する「労務関連等」のお役に立つ情報を掲載しています。どうぞ、ご活用ください。

< 出産・子育てに関する調査結果のご紹介 >  ~NEW!

 (解説)   

この度、明治安田福祉研究より「出産・子育てに関する調査結果」が公表され

ましたので、紹介いたします。それによると、第1子の妊娠・出産を機に仕事

をやめた理由は「子育てをしながら仕事を続けるのは大変だったから」が最も

高く52.3%)、続いて「子育てに専念したかったから」(46.1%)「自分

の体や胎児を大事にしたいと考えたから」(41.8%)など。また、子どもが

いる既婚者が子育てと仕事の両立のため、勤務先の制度に充実を望むことを聞

いたところ、男性は「扶養手当等の支給」(35.3%)、女性は「子育てのため

の勤務時間・勤務日数の短縮措置等」(53.2%)が最も多いという結果となっ

ています。子育てしながら仕事を継続する魅力ある環境づくりが重要なって

います。人材確保・定着・従業員の職業能力の向上は、雇用する側・される側

双方にメリットがあるものです。以下のサイトから、育児プランナー・介護プラ

ンナーによる無料訪問支援を受けることができます。弊事務所も同事業の育児

介護プランナーとして、中小事業所の両立支援をサポートしてまいります。

中小企業のために育児・介護支援プラン導入支援事業(厚労省)

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

出産・子育てに関する調査結果(明治安田生活福祉研究所)←詳細クリック

< 魅力ある職場づくりのために(佐賀県内の取り組み事例集)のご紹介 >  ~NEW!

 (解説)   

この度、佐賀労働局より「魅力ある職場づくりのために(取り組み事例集)

が公表されました。この事例集では、佐賀県内各事業所の働き方改革の取組に

ついて、具体的な取り組み、成果など働き方改革に取り組み変わったことが記

されています。また、各業種ごとの事例も記載されていますので、是非ご参考

にして頂ければ幸甚です。弊事務所は、経営者の想いを目に見える形・しくみ

づくりをとおして、魅力ある職場環境づくりを通じて、従業員の定着・成長を

支援し、業績向上に貢献してまいります。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

魅力ある職場づくり(佐賀労働局)←詳細は、こちらをクリック

< 働く環境づくりのガイドラインのご紹介 > ~NEW!

 (解説)   

この度、中小企業家同友会より「働く環境づくりのガイドライン」の試案が

公表されました。この「ガイドライン」は、社員の「働く環境」について、

現状や課題などを把握し、より良い方向に改善していくための総合的な考え方

・方法を示したものです。下図のように7つの構成となっています。経営者の

想い・ビジョンが従業員に十分に理解されなければ、働く人にとっての魅力

ある企業づくりは進まないと思います。顧客満足は、従業員満足がなければ、

高まらないからです。弊事務所は、経営者の想いを目に見える形・しくみづく

りをとおして、従業員の定着・成長を支援し、業績向上に貢献してまいります。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

働く環境づくりのガイドライン←こちらをクリック!

< 仕事と介護の両立支援の一層の充実に向けて > ~NEW!

 (解説)   

この度、日本経済団体連合会より「仕事と介護の両立支援の一層の充実に向け

て~企業におけるトモケアのススメ~」の提言・報告書が公表されました。

少子高齢化が進展する中、企業において仕事と介護を両立できないために離職

に至ることを防がなければ、事業推進に計り知れない影響を及ぼします。

弊事務所は、平成30年度中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業

に携わる、育児・介護プランナーとして、中小企業の皆様の仕事と介護の両立

支援や、働き方改革を通じて、従業員の定着・成長を支援し、業績向上に貢献

してまいります。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

仕事と介護の両立支援の一層の充実に向け←こちらをクリック!

< 働き方改革のためのガイドブックのお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

この度、福岡県から「働き方改革のためのガイドブック」が公表されました

ので、お知らせします。企業の働き方を改革の取組みを促すため、働き方改革

の進め方など様々な具体事例を集めた内容となっています。是非ご参考に活用

して頂ければ幸甚です。弊事務所は、中小企業の皆様の働き方改革を通じて、

従業員の定着・成長を支援し、業績向上に貢献してまいります。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

働き方改革のためのガイドブック(福岡県) ←こちらをクリック!

< 働き方改革支援ハンドブックのお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

中小企業庁から「働き方改革支援ハンドブック」が公表されましたので、お知

らせします。中小企業・小規模事業者の働き方改革に向けた取組を後押しして

いくために同一労働同一賃金や長時間労働是正に関する制度への理解や生産性

向上等の取組が不可欠であるため、この取組を後押しするためのものです。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

< 食品産業の働き方改革早わかりハンドブックのお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

農林水産省では、食品産業事業者の働き方改革を推進するため「働く人も企業

もいきいき食品産業の働き方改革検討会」を設置し、食品産業の働き方の現状

や課題について議論が行われ、検討会の取りまとめ及び、その結果を基に作成

した「食品産業の働き方改革早わかりハンドブック」が公表されましたので、

お知らせします。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

食品産業の働き方改革早わかりハンドブックこちらをクリック!

< 労働時間相談支援コーナーの設置・相談支援のお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

厚生労働省では、4月1日から全国の労働基準監督署に働く方々の労働条件の

確保・改善を目的とした「労働時間改善指導・援助チーム」を編成します。

このチームは2つの班で編成され「労働時間相談・支援班」では全国の労働基

準監督署内に「労働時間相談・支援コーナー」を設置し、主に中小企業の事業

主の方に対し、法令に関する知識や労務管理体制についての相談対応や支援を

行います。「調査・指導班」では、任命を受けた労働基準監督官が長時間労働

を是正するための監督指導を行うこととされています。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

労働時間相談支援コーナーの設置等のお知らせこちらをクリック!

< しっかり学ぼう!働くときの基礎知識のご紹介 > ~NEW!

 (解説)   

厚生労働省の確かめよう労働条件サイトに掲載されている「しっかり学ぼう!

働くときの基礎知識」をご紹介します。これから、社会人になる人、学生で

アルバイトをする人なども是非、参考にして頂きたいサイトです。正しい知識

を知り、身に付けておくことは大切です。是非、ご活用ください。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

しっかり学ぼう働くときの基礎知識こちらをクリック!してください。

< 身近に労働基準法を~パンフレットのご紹介 > ~NEW!

 (解説)   

この度、宮城県労働局労働基準部監督課から公表されています「身近に労働基

準法を~」パンフレットをご紹介します。労働基準法は、最低労働基準を定め

る最も基本的な法律で、昭和22年に制定され現在に至っています。労働者が

人たるに値する生活を営むには、法律による最低労働基準の設定が不可欠です。

各都道府県労働局から、同法に関するパンフレットは紹介されていますが、

とても分かりやすく纏めて解説されています。是非、ご活用ください。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

身近に労働基準法を~労働者が安心して働ける労働条件の確保を図るため

  に(宮城県労働局)こちらをクリック!してください。

< サブロク協定をご存知ですか?リーフレットのお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

この度、厚生労働省よりリーフレット「サブロク協定をご存知ですか?」が

公開されています。本リーフレットは、政府が進める「働き方改革」の重要

テーマである「長時間労働の是正」の関連施策として「時間外・休日労働に

関する協定届(36協定)」の締結について周知徹底を図るために作成された

ものです。是非ご活用ください。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

サブロク協定をご存知ですか?こちらをクリック!してください。

< マンガで学ぶ労働条件のお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

この度、厚生労働省より「労働条件に関する総合情報サイト」では、、マンガ

で学ぶ労働条件のページが掲載されています。退職・解雇・雇い止め、ハラス

メント、時間外・休日労働と割増賃金、アルバイトをするときの注意点、過重

労働防止の各テーマに毎に、働き始めるとき・働くとき働き始めるとき・働く

ときの注意点について、マンガでやさしく紹介されています。

是非ご参考になさってください。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

労働条件に関する総合情報サイト

マンガで学ぶ労働条件こちらをクリック!してください。

< 職場におけるハラスメント対策マニュアルのお知らせ > ~NEW!

 (解説)   

この度、厚生労働省より、妊娠・出産等に関するハラスメントやセクシュアル

ハラスメントについて、ハラスメント防止の取組や労働者等からの相談対応に

あたってご活用頂くことを目的とした「職場におけるハラスメント対策マニュ

アル」が公表されています。また、社内研修資料教材も紹介されています。

是非ご参考になさってください。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

職場におけるハラスメント対策マニュアル

ハラスメント防止研修資料 ←こちらからダウンロードされてください。

< 時間外労働の上限規制等について > ~NEW!~ 

 (解説)   

この度「働き方改革実行計画」を踏まえて、労働政策審議会から公表された

時間外労働の上限規制のポイントは、以下のとおりです。

今後、国会で法案審議がなされ働き方改革の関連法案が成立すると、特別な

事情がある場合でも時間外労働時間の上限が定められることになります。

これからは、定められた労働時間において、仕事の成果を求められる組織創り

人材育成、マネジメント・制度づくりの見直しが急務です。

 

 (1)上限規制の基本的枠組み
  ・時間外労働の上限は原則として月45時間、かつ、年360時間とする。
  ・特別の事情がある場合でも上回ることができない上限を以下のように

   定める。
   ・単月:100時間未満
   ・2~6か月平均:80時間以内
   ・年:720時間以内
   ・月45時間の時間外労働を上回る回数:年6回まで
 (2)労働時間の延長等に関する指針を策定
2.勤務間インターバル
 ・前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に一定時間の休息の確保に努めなけ
  ればならない旨の努力義務を課す。
3.長時間労働に対する健康確保措置
 ・面接指導が義務となる時間外・休日労働時間数を1か月当たり80時間超

  する。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

労働政策審議会建議「時間外労働の上限規制等について」

 

< 中小企業・小規模事業者の人手不足対応ガイドライン > ~NEW!~ 

 (解説)   

この度、中小企業庁より「中小企業・小規模事業所の人手不足対応ガイドライ

の概要」が公表されましたので、お知らせいたします。本ガイドラインでは

人手不足対応策について、以下の手順を紹介しています。取り組み事例も紹介

されていますので、是非、ご参考になさってください。

1.人手不足の状況を把握する。

2.基本的な考え方を理解する。

3.3つのステップから実践する。

  経営課題や業務を見つめ直す⇒業務の生産性や求人像を見つめ直す

  ⇒働き手の目線で、職場環境・人材募集を見つめ直す

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 中小企業・小規模事業者の人手不足対応ガイドラインの概要

 ・人手不足対応事例集

< 有期労働契約者の無期転換ポータルサイトのご案内 > ~NEW!~ 

 (解説)   

この度、厚生労働省より「有期労働契約者の無期転換ポータルサイトがリニュ

ーアルされましたので、お知らせします。無期転換のルールとは、同一の使用

者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期

契約労働者(契約社員、パートタイマー、アルバイトなど)からの申込みに、

より、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのこと

です。例えば、契約期間が1年の場合は、5回目の更新後の1年間に、契約期間

3年の場合は、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。

有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期

労働契約が成立し、使用者は断ることができません。この改正労働契約法が施

行されてから、平成30(2018)年4月1日で5年が経過する今後、無期転換の

本格的な発生が見込まれるため、就業規則や社内制度の検討・整備等を行う必

があります。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 有期労働契約者の無期転換ポータルサイト

 ・無期転換ハンドブック

< 労働条件管理の手引きのご紹介!(福岡労働局) > ~NEW!~ 

 (解説)   

この度、福岡労働局より「労働条件管理の手引き(改訂版)が公表されました

のでお知らせいたします。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 労働条件管理の手引き

< 65歳超雇用推進マニュアルのご紹介! > ~NEW!~ 

 (解説)   

この度、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から平成25年4月

の高年齢者雇用安定法で、企業は従業員が希望すれば65歳まで働き続けられ

るしくみを整備することが義務づけられました。これにより希望すれば65歳

まで働けるようになりましたが、さらに戦力化を図っていくことが求められて

います。本マニュアルは、65歳以上への定年引上げ、65歳を超える継続雇用

延長、定年制の廃止、再就職の受入れ等に関して、制度を見直す手順や、企業

事例、チェックリストなど役に立つ情報を取りまとめたものです。人材の確保

・活用が中小企業の事業活動に欠かせない施策であることは明らかです。是非

ご活用ください。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 65歳超雇用推進マニュアル(全体版)

< 今日から使える労働法~eラーニングでチェック!~のご紹介! 

  ~NEW!~ 

 (解説)   

この度、厚生労働省から、高校生・大学生の方をはじめ、これから就職される

皆様向けに、eラーニングで働くときに知っておきたいルールを学ぶための、

サイトが公表されましてので、ご紹介します。働くルールを事前に知ることは

気持ちよく働くことや仕事をよりスムーズに進められるだけでなく、自分自身

を守ることにもつながります。このe-ラーニングはパソコン、スマートフォ

ンやタブレットでいつでもどこでも気軽に学ぶことができます。是非、ご活用

ください。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 今日から使える労働法~eラーニングでチェック~

< 小売業向け・飲食店向けの労働災害防止パンフレットのご紹介! 

  ~NEW!~ 

 (解説)   

この度、労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所から、労働災害発生件数

が全体としては減少傾向にある中、小売業では減少の兆しが見られず、飲食店

ではむしろ増加していることから、労働災害防止イラスト入りパンフレットを

作成され災害防止を呼び掛けています。小売業向けパンフレットでは、総合ス

ーパー、食品スーパー、ホームセンター、無店舗販売などの業態について、

また、飲食店向けパンフレットでは、ファストフード、ファミリーレストラン、

居酒屋、配達飲食サービス等其々の業態について労働災害の特徴、安全教育の

ポイント、企業の安全活動事例などが紹介されています。是非ご活用ください。

※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 小売業向け労働災害防止パンフレット

 飲食店向け労働災害パンフレット

< 企業における仕事と介護の両立支援実践マニュアルご紹介! 

  ~NEW!~ 

 (解説)   

 昨年11月に介護支援プラン普及研修に参加し、厚生労働省の仕事と介護の

 両立支援事業より「両立支援実践マニュアル」が公表されましたので、

 お知らせいたします。中手企業における人材確保は、今後も困難な状況が

 続くことが予想されます。特に医療福祉分野・建設事業分野では、人手不足

 による長時間労働・休暇取得が難しい等、勤務状況悪化に伴う離職者の増加

 で事業環境が厳しい中小企業が増える傾向にあります。従業員の介護による

 離職を防ぎ、継続雇用を図るため、介護と仕事の両立支援実践マニュアル・

 介護に直面した従業員を支援する「介護支援プラン」策定マニュアルです。

 す。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 ・企業における仕事と介護の両立支援実践マニュアル

 ・介護に直面した従業員への支援「介護支援プラン」策定マニュアル

< 秘密情報保護ハンドブックの手引きのご紹介! 

  ~NEW!~ 

 (解説)   

 この度、経済産業省より、秘密情報保護ハンドブックの手引きが公表されま

 したので、ご紹介します。取引先から求められた書類から情報を盗まれて

 しまった。ある日、突然退職を申し出た従業員が競合他社に就職した。自社

 の情報が持ちだされるのではといった不安など、組織マネジメントの一つで

 ある「情報管理」、中でも企業の機密を守るための情報漏えい対策などの

 参考になるハンドブックです。是非、ご活用ください。

 弊事務所は、引き続き、人・情報管理などの経営資源を有効活用するための

 組織マネジメントの有り方・ノウハウを提示し、中小企業様を支援してまい

 ります。※詳細は、以下の資料をクリックしご覧ください。

 ・秘密情報保護ハンドブックの手引き

< 改正育児・介護休業法等説明会(福岡労働局)に参加しました! 

  ~NEW!~ 

 (解説)   

 この度、平成28年10月28日に福岡労働局主催で開催された「改正育児・介

 護休業法等説明会に参加しましたので、報告いたします。説明会では主に、

 平成29年1月1日から施行される育児・介護休業法等の見直し(仕事と介護

 の両立支援制度の見直し←介護休業の分割取得・給付率の引き上げ(既に施行

 済・介護休暇の取得単位の柔軟化など)について説明がありました。主旨は、

 介護が必要な家族を抱える労働者が介護サービスを十分に利用できるように

 するため、介護休業や柔軟な働き方を組み合わせて対応できる制度の構築が

 必要とのことから見直しされるものです。本改正の内容を踏まえ、社労士と

 して関係事業所様へ周知し適切な労務管理ができるように努めて参ります。

 ※詳細は、以下の資料を、ご覧ください。

 ・改正育児・介護休業法等について

< 有期契約労働者の円滑な無期転換のためのハンドブックのお知らせ 

  ~NEW!~ 

 (解説)   

 この度厚生労働省から、事業主や企業の人事労務担当者向けに無期転換ル

 ールの導入手順やポイント、導入事例等をまとめた『有期契約労働者の円滑

 な無期転換のためのハンドブック』を作成されました。無期転換ルールとは、

 労働契約法に基づき、平成25年4月1日以後に開始する有期労働契約が同一

 の使用者との間で5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者の申込

 みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルール

 のことです東京商工会議所から、健康経営ハンドブック2016が公表されまし

 た。中小企業の方に活用してもらうため、導入手順を各ステップに分ける、

 チェックリストを作成するなど、分かりやすい内容となっています。

 是非、参考にして頂ければ幸甚です。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・有期契約労働者の円滑な無期転換のためのハンドブック

< 健康経営ハンドブック2016のご紹介~  ~NEW!

 (解説)

 この度、東京商工会議所から、健康経営ハンドブック2016が公表されまし

 た。働く全ての人が健康でなければ、十分に能力を発揮することはできませ

 んし、社員の能力が発揮されなければ、業績向上にも繋がりません。企業に

 は、社員の安全配慮義務が課されており、社員の健康等にもしっかり、対応

 し目配りする必要があります。安全衛生に関わる健康サポートをコストとし

 てではなく、健康経営の視点から考えていく必要があると思います。

 是非、参考にして頂ければ幸甚です。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・健康経営ハンドブック2016DLはこちらから

< 企業の健康診断ツール「ローカルベンチマーク」のご紹介~  ~NEW!

 (解説)

 この度、経済産業省から、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を

 行うツール(道具)として、ローカルベンチ(通称:ロカベン)がリリース

 されましたので、お知らせします。このツールは、企業の経営者等や金融機

 関・支援機関等が、企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うため

 事業性評価の「入口」として活用されることが期待されています。

 具体的には、「参考ツール」を活用して、「財務情報」(6つの指標※1)

 と「非財務情報」(4つの視点※2)に関する各データを入力し、企業の経営

 状態を把握することで経営状態の変化に早めに気付き、早期の対話や支援に

 つなげていくものです。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・企業の健康診断ツール(ローカルベンチマーク)DLはこちらから

 ・ツール利用マニュアル

< 「判例紹介~歓送迎会後の事故死による労災~  ~NEW!~

 (解説)

 この度、独立行政法人労働政策研究・研修機構から公表された、「歓送迎会

の事後死で労災」の判例について紹介いたします。2010年に福岡県で、職場

の歓送迎会に参加した後、残業のため会社に戻る途中で交通事故死した男性会社

員の遺族が、国に労災認定を求めた訴訟の上告審で、最高裁が労災と認めず、

労働基準監督署の決定を取り消す判決を言い渡したもので、遺族側が逆転勝訴

 した判例です。判決によると、男性は福岡県苅田町でメッキ加工会社の工場に勤

 務していた10年12月、中国人研修生の歓送迎会に参加。終了後に車で工場に戻

 る途中、研修生を自宅に送った際にトラックと衝突して死亡した。男性は酒を飲

 んでいなかった。労災の判断は、業務に起因するケガや病気を対象とした業務災

 害と、通勤に起因するケガ等を対象とした勤災害の2種類があります。

 本例は「歓送迎会は会社の事業活動に密接に関連し、会社により参加しないわけ

 にはいかない状況に置かれた」と指摘し、労災に当たると結論付けられました。

 上司の指揮命令に伴う業務に起因するものとして労災に該当し、その適用が認め

 られた事例です。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・「歓送迎会の事後死で労災」の判例

< 「高齢者の雇用に関する調査(企業調査)」について  ~NEW!~

 (解説)

 この度、独立行政法人労働政策研究・研修機構より、高齢者の雇用に関する調

 査が公表されましたので、お知らせいたします。これによると、60代後半層

 の雇用確保について、以下の調査結果が示されています。中小企業の人材活

 用・確保の観点からも、高齢者の働きやすい環境を整備していくことが求めら

 れていると感じます。

 ・60代前半層(60歳以上64歳以下)の継続雇用の雇用形態は「嘱託・契約社

  員が6割である。

 ・8割の企業で、定年前後で仕事の内容は変わらない

 ・6割弱の企業が、定年後の高年齢者も、評価制度に基づき賃金を決めること

  に肯定的である。

 ・65歳以降の高年齢者が就いている仕事は、専門・技術的な仕事や管理的な

  仕事の割合が高い

 ・66歳時点の賃金水準は、65歳直前の賃金水準に比べて13ポイント低下

  する。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・高齢者の雇用に関する調査(企業調査)

< 「中小企業のための女性活躍推進ハンドブック」のご紹介  ~NEW!~

 (解説)

 この度、日本商工会議所は、東京商工会議所と共同で、中小企業の現場で女性

 の活躍を推進するための具体的な取り組みをわかりやすく解説した小冊子「

 小企業のための女性活躍推進ハンドブック」を発行しました。本ハンドブック

 は、働く女性が、入社から退職までの間に抱える様々な課題に対応しながら、

 さらに活躍の場を広げるために、中小企業経営者に理解頂きたいことをまとめ

 ています。中小企業経営者とそこで働く女性に限らず、就職活動中の学生や再

 就職を目指す方にも参考となる内容となっています。なお、4月1日から女性

 活躍推進法が施行され、従業員数300人以下の中小企業では、一般事業主行

 動計画の策定や公表等が努力義務となっております。是非ご活用ください。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・小企業のための女性活躍推進ハンドブック

< 「経営力向上のヒント~中小企業のための会計活用の手引き」のお知ら 

  せ  ~NEW!~

 (解説)

 この度、中小企業庁から、毎日の仕事の段取りや、顧客対応、資金繰りなどに

 悩む中小企業の経営者の皆様の、題解決向けた取り組みを後押しするため、

 会計によって経営課題を可視化するためのパンフレットが作成されましたの

 で、お知らせいたします。中小企業を取り巻く経営環境は、人口の減少、高齢

 化の進展、国内外の競争の激化、地域経済の低迷など一層厳しさを増していま

 す。このような環境下において、会社の売上や利益、雇用の場を守っていくた

 めには、将来を見据えた、しっかりとした経営目標を掲げ、社員が一丸となっ

 て経営課題に取り組むことが必要です。是非ご活用ください。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・中小企業のための会計活用の手引き

< 「中小企業人材活用ハンドブックのお知らせ」  ~NEW!~

 (解説)

 この度、中小企業庁から中小企業人材活用ハンドブックが公表されましたので、

 お知らせいたします。人材活用に関する様々な支援内容について記載されていま

 すので、是非ご活用ください。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・中小企業人材活用ハンドブック

< 「被災中小企業者等支援策ガイドブックのお知らせ」  ~NEW!~

 (解説)

 この度、中小企業庁から熊本地震で被災された中小企業様向けの支援策ガイドブ

 ックが公表されましたので、お知らせいたします。様々な支援内容について記載

 されていますので、是非ご活用ください。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・被災中小企業者支援策ガイドブック

< 「起業の際に押さえておきたい労働関係のポイント」  ~NEW!~

 (解説)

 全国労働基準関係団体連合会から公表されている「起業の際に押さえておきたい

 労働関係のポイント」をご紹介します。同会が厚生労働省から受託している新規

 起業事業場就業環境整備事業の資料ですが、採用から労働時間等の労働条件、就

 業規則などについて解かりやすくポイントが説明されています。特に、起業して

 間もない事業所で従業員を雇用されるときには、参考にして頂きたい内にな

 ていますので、是非ご活用ください。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・起業の際に押さえておきたい労働関係のポイン

< 「労働条件管理の手引」のご紹介  ~NEW!~

 (解説)

 福岡労働局から、このたび、「労働条件管理の手引」が発行されました。採用か

 ら労働時間等の労働条件、就業規則などについて分かりやすく解説した手引書

 になっています。是非、ご参考にして頂き、働くルールづくりにご活用くださ

 い。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。q

 ・労働条件管理の手引(福岡労働局)

< 長時間労働が疑われる事業所に対する監督指導結果について  

 ~NEW!~

 (解説)

 厚生労働省は、このたび、平成27年4月から12月までに 8,530 事業場に対して

 長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署の監督指導実施結果を取り

 まとめ、公表しました。監督指導の対象は、1か月当たり100時間を超える残

 が行われた疑いのある事業場や、長時間労働による過労死などに関する労災請

 があった事業場となっています。この結果、監督指導を行った 8,530 事業場の

 うち、半数を超える 4,790 事業場で違法な時間外労働を確認したため、是正・

 改善に向けた指導が行われました。なお、このうち実際に月100時間を超える残

 業が認められた事業場は、2,860事業場(59.7%)となっています長時間労

 働のデメリットである賃金コストの負担増や従業員に対する安全配慮意識の低下

 に繋がり、労働災害のリスクが増大します。今こそ、働き方を見直し労務改善を

 図ることが必要とされています。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。q

 ・長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果の公表(報道発表)

 ・監督指導事例

 平成27 年4月から12 月までに実施した監督指導結果

< 過酷な労働実態とワークルール普及に向けた取組  ~NEW!~

 (解説)

 違法な時間外労働や賃金不払い残業、健康障害防止対策の未実施、職場のハラス

 メントなど、労働者に過酷な働き方を強いる「ブラック企業」が社会問題化して

 います。厚生労働省から昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」の

 実施結果を公表されました。これによると、重点監督を実施した5,031事業場の

 7割強で、労働基準関係法令の違反があり、同省ではこれらの違反事業場に是正

 に向けた指導行ったとしています。相談内容を見ると、「セクハラ、パワハラ・

 嫌がらせ」が115件(全体の13.2%)を占め、依然トップとなっています。

  ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・過酷な労働実態とワークルール普及に向けた取り組み

< 管理職5割、一般社員7割が、仕事以外で上司と付き合いたくない!  

 ~NEW!~

 (解説)

 一般社団法人日本能率協会が15日発表した第6回「ビジネスパーソン1000人

 調査(人間関係と貯蓄編)」によると「仕事以外で上司と付き合いたくない
 は、管理職47.9%、一般社員70.1%。「部下からのプライベートな相談」

  「好ましい」は、管理職49.4%、一般社員33.1%。の結果が公表されました。

 ドライな人間関係を好む傾向にあるようです。職場で仕事を円滑に進めチーム

 をまとめたりするには、コミュニケーションが大切ですが相手の人となりを知

 り、 ある程度の自己開示も必要になると思われますがいかがでしょうか。

  ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・第6回「ビジネスパーソン1000人調査(人間関係と貯蓄編)」

< 働くあなたのガイドブックのご紹介  ~NEW!~

 (解説)

 この度、福岡市から「働くあなたのガイドブック」が配布されました。働くため

 のルールやしくみを知っておくことは、とても大切です。知は力なり!とも言い

 ますが知らなければ、働いていても何も疑問に思ったり問題に気づくこともなく

 見過ごしてしまうこともあるからです。弊事務所でも、働き方などのご相談等

 様々な問い合わせを受けることが多いため、ご紹介をしております。このガイ

 ドブックは、働くためのルールやしくみについて、わかりやすく解説していま

 すので是非、ご参考にされて、活用頂ければ幸いです。

  ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

< 秘密情報の保護ハンドブック(企業価値向上に向けて)のご紹介  

 ~NEW!~

 (解説)

 この度、経済産業省から「秘密情報の保護ハンドブック」が公表されましたので

 お知らせいたします。企業にとりましては、情報の保護は安全配慮義務にも抵触

 する重要なものです。特に秘密情報の漏えいは、従業員等の企業内部者、発注

 や委託先等の取引先、不正アクセス行為者等の外部者など、様々な経路により

 生ずるおそれがあります。是非、このハンドブックを参考にして、ご一緒に情報

 保護対策をしっかり講じていきましょう。弊事務所は、中小事業所様の情報保護

 対策を含め、ワンストップコンシェルジュとして支援を行う社労士事務所です。

  ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・秘密情報の保護ハンドブック

< 就職白書2016-採用活動・就職活動編のご紹介  ~NEW!~

 (解説)

 この度、株式会社リクルートキャリアから、企業の新卒採用活動および学生の

 就職活動の実態を明らかにするため、全国の新卒採用を実施している企業と、

 就職活動を行った2016年卒業予定の大学4年生・大学院2年生を対象とした、

 調査結果公表されましたので、お知らせいたします2017年卒の新卒採用活

 動については、「採用選考解禁前」の5月までに「面接」を始める企業の割合

 67.9%「内々定・内定出し」の企業割合は44.1%となっています。

 企業と学生の採用に関するギャップ他の調査概要は、以下のとおりです。

 就職活動は、人生の事業活動のスタートであり、自分理解・仕事理解のやり方、

 自らの活かせる能力・なぜ、この企業でなければならないのか!等の熱意意欲

 の伝え方などの戦略的な取り組みが求められていると感じます。

 

 ・企業が採用基準で重視する項目と、学生が面接等でアピールする項目を比較

  すると、企業が重視している項目は「人柄」「自社への熱意」「今後の可能

  性」が圧倒的に高く、学生がアピールしている項目は、「人柄」「アルバイト

  経験」「その企業への熱意」の順。

 ・企業の応募学生に対する評価から企業の評価について「不十分・計」が比較的

  大きいものは「業界研究」「企業研究」「仕事・職種研究」。いずれも3割弱

  が「不十分」と回答している。企業と学生を比較すると企業と学生の差が特に

  大きいのは「仕事・職種研究」(14.5ポイント差)「学力」(11.6ポイン

  ト差)となっている。

  ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・就職白書2016-採用活動・就職活動編

< 2017年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査について  ~NEW!~

 (解説)

 この度、株式会社マイナビより「2017年卒マイナビ大学生のライフスタイル調

 査」が公表されましたので、お知らせいたします。調査概要は、以下のとおり。

 

 ・2017年卒学生のスマートフォン保有率は97.4%と過去最高

  SNSに疲れたと感じているのは男子約4割、女子5割以上。女子の方が高い

 男子の育児休暇を取って子育てしたい理由は「当然の権利だと思う」が大きく

  増加しており約3割

 ・男女ともに「子育てに専念するため育児休暇を取得する」男性に対する好感度

  が3割以上となり「男性の育児休暇取得」が学生の中で好意的な結果に。

 ・保護者に就職活動について相談することが「(よく+時々)ある」学生は

  50.3% となっている。

 弊事務所もマイナビ就職相談の相談員として大学生の皆様から、様々な相談を

 受けることもあり、引き続き大学生のライフスタイル動向の変化に着目しながら

 就労支援等に取り組んでいきたいと思います。

  ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・「2017年卒マイナビ大学生のライフスタイル調査」(株式会社マイナビ)

< 2016年の中小企業の経営施策について  ~NEW!~

 (解説)

 この度、学校法人産業能率大学より中小企業の経営者を対象に経営環境認識や

 経営方針・施策などを尋ねる調査を実施した結果が公表されました。(調査はイ

 ンターネット調査会社を通じて実施され従業員数6人以上300人以下の企業経営

 者(経営トップ)731人から回答をもとにしている。)

 今年(2016年)の経営活動に大きな影響を与えると想定される要因を複数回答で

 尋ねた結果「人材の不足」が最も多く34.7%となりました。業種別に見ると、

 運輸業(58.8%)、飲食店・宿泊業(47.1%)、サービス業(46.0%)などが高い割

 合となっています。今後、益々中小企業の人材確保を踏まえた施策が求められい

 くものと思われます。人材の定着促進ならびに人材の有効活用に関する支援の

 必要性は待ったなし!です。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・2016年の中小企業の経営施策について産業能率大学)

< 学生のための民間就職情報サイトへの厚生労働省の新卒者・既卒者の

 就職支援情報の掲載について  ~NEW!~

 (解説)

 この度、厚生労働省では、1人でも多くの方に、新卒者・既卒者専門に就職支援

 を行う「新卒応援ハローワーク」を知って頂き、就職活動でお困りの場合には、

 一人で悩まず、「ジョブサポーター」にご相談いただくよう努めております

 今般、以下のとおり、昨年度に引き続き、学生向け・第二新卒向けの就職情報

 ポータルサイトを運営する民間企業に無償でご協力いただき、新規学校卒業予定

 者等(平成28 年3月卒業)に対する新卒応援ハローワークなどの広報を行って

 います。「就活ラボ2016」「朝日学情ナビ2016」「Re 就活」「就職ウォーカ

 ーNet2016」「ダイヤモンド就活ナビ2016」「日経就職ナビ2016」「ブンナ

 ビ!2016」「マイナビ2016」「リクナビ2016」に掲載されています。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・学生のための民間就職情報サイトへの厚生労働省の新卒者既卒者の就職

  支援情報の掲載について

< パワハラに関する判例命令について  ~NEW!~

 (解説)

 パワハラに関する判例命令について、岐阜県職員の30代男性が自殺による原因

 が上司のパワハラや長時間勤務であるとして、遺族が同県に約1億600万円の

 損害賠償を求めた訴訟が1月8日に、県が遺族に9,600万円を支払うことで和解

 が成立しました。訴状によると、男性は2012年4月に異動した部署で県施設の

 整備計画を担当。上司2人から「給料もらえると思うなよ」などと言われた他か

 同年9~11月には月120時間を超える時間外労働を行っており、男性は13年1

 月に自宅で自殺。遺族は14年2月に県を岐阜地裁に提訴していたものです。

 職場における「いじめ・嫌がらせ」は、もっとも多い労働相談で、月120時間

 超える長時間労働を放置していた組織に重大な欠陥があると言わざるを得ませ

 ん。人は、必要とされ・役に立ち・感謝されるために働いているのです。人を

 いかせない組織に未来はありません。職員研修に力を入れてほしいと思います。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・パワハラに関する判例命令

 

< 社労士による不適切な情報発信について  ~NEW!~

 (解説)

 先月年末のテレビニュースでも報道がありましたとおり「社員をうつ病に罹患

 させる方法」という記事を掲載した愛知県の社労士に対し同県会は社労士の

 信用、品位害した」として3年間の会員権停止処分や退会勧告など、最も重

 い懲戒処分決めました。同じ社労士の一人として、断じて許される行為では

 ありません社労士は、経営者やその従業員の皆様と一緒になって、より働き

 やすい職場づくりを通じて職場環境を改善し、従業員の能力を引き出し十分に、

 発揮してもらうことで企業業績の向上を図り経営者並びに従業員を幸せに

 するために存在する「働く人に関する専門家」です。

 社員をうつ病に罹患させるどとは、言語道断であり、うつ状態の人の苦しい

 気持ち・悩みについて、全くわかっていないと言わざるを得ません。私は心理

 職のカウンセラーでもあり、うつ状態を体験している人間として、人をうつ

 に罹患させる行為そのものに手を貸すことは、職業倫理にも反すると考えます

 ほとんどの社労士は、真面目に誠実に仕事をしています。所属する各県の社労

 士会で倫理研修も義務づけられています。世間や企業の皆様から、社会保険労

 務士に対する誤解や偏見を招かないように、心を引き締めて業務に努めてまい

 ります。今後とも、社会保険労務士の仕事につきましてご理解くださいます様

 宜しくお願い申し上げます。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・社労士による不適切な情報発信について(連合会声明)

 

< 障害者雇用率制度について  ~NEW!~

 (解説)

 障害者雇用率制度とは、身体障害者及び知的障害者について、一般労働者と同じ

 水準の常用労働者となる機会を与えるため常用労働者の数に対する割合(障害者

 雇用率)を設定し、事業主等に障害者雇用率達成義務を課すことで、それを保障

 するものです。なお、一律の雇用率を適用することになじまない性質の職務もあ

 り、障害者の就業が一般的に困難であると認められる業種については、雇用する

 労働者数を計算する際に、除外率に相当する労働者数を控除する制度(障害者

 雇用義務を軽減)を設けられていた。この除外率制度は、平成16年4月に廃止

 されましたが経過措置として、当分の間、除外率設定業種ごとに除外率を設定す

 るとともに、廃止の方向で段階的に除外率を引き下げ、縮小することとされてい

 ます。現在の障害者雇用率は、以下のとおりです。

 ・障害者雇用率

<民間企業> 一般の民間企業 = 法定雇用率 2.0%

       特殊法人等   = 法定雇用率 2.3%

<国及び地方公共団体>

       国、地方公共団体= 法定雇用率 2.3%

       都道府県等の教育委員会= 法定雇用率 2.2%

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

障害者雇用率制度の概要

除外率制度について

< キャリア支援に関する大学アンケート調査について  

 (解説)

 の度、公益財団法人日本生産性本部より、全国の大学300校のキャリアセンタ

 ーを対象に実施した「キャリア支援に関する大学アンケート調査」の結果が公表

 されました。これによると、「採用選考に関する指針」は、学業・就活へ好影響

 をもたらさず期待された成果は得られなかったなど、影響については否定的に捉

 える意見が多かったもようです採用選考に関する指針」とは、

 日本経済団体連合会が2013 年9 月に発表した新規学卒者を対象とした採用活動

 についての指針で、「公平・公正な採用の徹底」、「正常な学校教育と学習環境

 の確保」等を目的として、企業説明会等、情報解禁時期を卒業前年度(大学3 年

 生、短大・大学院生1 年)の3 月とし、面接や筆記試験の採用選考については卒

 業年度(大学4 年生、短大・大学院生2 年)の8 月以降に解禁とするように加盟

 企業へ求めたものです。(対象は2016 年3 月学卒者の採用活動)

 また、2017 年3 月卒の学生を対象とした就職支援施策を計画では、「学生を対

 象とした個別相談体制の強化」(80.4%)、「学生を対象とした学内ガイダンスの

 強化」(74.5%)との回答が多く、就職支援の成果についての指標では、就職希

 望者の就職決定率」(88.0%)との回答が最も多いという結果となっています。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

第4回キャリア支援に関する大学アンケート調査(日本生産性本部)

< 就職内定状況(平成27年11月1日時点、2016年卒)について  

 (解説)

 の度、株式会社リクルートキャリアから、2015年11月1日時点の就職内定状

 況が調査結果が公表されました。リクルート就職活動モニターの大学生・大学院

 生を対象にした「就職プロセス調査」によるものです。それによると、11月1日

 時点の内定状況は以下のとおりとなっています。

 ・11月1日時点での大学生の就職内定率(※)は89.5%

  ※前年同月の89.4%と同水準

 なお、11月1日時点での就職志望者のうち、就職内定率は89.5%で、10月1日時

 点の85.9%と比べて、3.6ポイント高く、前年同月の89.4%と同水準となってい

 ます。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

2015年11月1日時点の就職内定状況が調査結果(リクルートキャリア)

平成27年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」の公表について 

 (解説)

 の度、厚生労働省から平成28年3月大学を卒業する学生の就職状況などを

 文部科学省と共同で調査し、平成27年10月1日現在の状況を取りまとめた調査

 結果が公表されましたので、お知らせいたします。以下のとおりの就職状況とな

 っております。弊事務所は、新卒者の離職をなくし中小企業経営者の組織と人づ

 くりを応援していきます。

 【就職内定率】※平成27年10月1日現在の状況

  大学卒業予定者の就職内定率は66.5%(前年同期比1.9 ポイント減少)

 

  ○ 大学             66.5%(前年同期比 1.9ポイントの減。)
  ○ 短期大学(女子学生のみ)   33.2%(同 6.5ポイントの増。)
  ○ 高等専門学校(男子学生のみ) 94.3%(同 0.9ポイントの増。)
  ○ 専修学校(専門課程)     48.2%(同 0.8ポイントの減。)

 

      ○平成28年3月卒業予定者数 ○うち就職希望者数   ○うち就職(内定)者数

    ・大学 55万7千人          ・大学 44万2千人 ・大学    29万4千人
      (56万人)                 (44万4千人)    (30万4千人)
       ※( )は前年同期の数値

 

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

平成28年3月大学を卒業する学生の就職状況

平成27 年度「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」(詳細)

< 新規学卒者の離職状況(平成24年3月卒業者の状況)の公表について>  

 (解説)

 の度、厚生労働省から平成24 年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内

 の離職状況について取りまとめた結果が公表されましたので、お知らせいたしま

 す。新規学卒者の卒業後3年以内離職率は、以下のとおりです。

 ・大学   32.3% 前年比0.1ポイント減
 ・短大等 41.5% 同0.3ポイント増
 ・高校   40.0% 同0.4ポイント増

 ・中学   65.3% 同0.5ポイント増 

 大学卒の約3人に一人が就職後3年以内に離職しています。また、離職率の高い

 業種としては、宿泊・飲食サービス業、生活関連サービス・娯楽業、教育・学習

 支援業、サービス業(他に分類されないもの)、小売業となっています。労働力に

 依存する人集約型の業種ほど、人材を育てることができていない状況が伺えま

 す。学生サイドによる入社後の就業認識の甘さもあることを差し引ても、せっか

 く新卒の学生を採用しながら、3年以内で離職される企業は人づくりの大切さが

 乏しく経営の存立危機事態にあと言えます。離職の原因がどこにあるのかをし

 っかりと検証すべきです。弊事務所は、新卒者の離職をなくし中小企業経営者の

 組織と人づくりを応援していきます。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

新規学卒者の利殖状況(平成24年3月卒業者の状況)

学歴別卒業後3年以内離職率の推移

< 就活解禁!来年から6月に前倒し!経団連方針/2年連続変更 >  

 (解説)

 この、経団連(榊原会長)から、大学生の面接など採用選考の解禁日に関し、現

 行の8月から2カ月程度前倒しして、来年は6月に変更する方針が明らかにされ

 ました。会社説明会は、今年に続き3月開始。今後、政府や大学などと調整した

 上で、月内に最終決定。新ルールが決まれば、現在の3年生から適用される。

 経団連は選考活動の8月解禁について、採用期間の長期化を招き、中小企業や学

 生の負担が重くなったと判断。今年の変更により従来、大企業が終わってから面

 接などを始めていた中小企業も影響を受け、計画通りに新卒を確保できないこと

 を恐れて例年より早く採用活動を始めたケースも多く、結果的に採用期間の長期

 化につながったとしている。人を確保できない企業は活力をなくし衰退していき

 ます。組織はトップの器以上に大きくはなりません。学生に自社の事業への想い

 を熱く語る、決して人のせいにしない(外部環境のせいにしない)経営者がいる

 企業こそが、逆境を跳ね返し伸びる企業だと思います。弊事務所は、そのような

 中小企業経営者の組織と人づくりを応援していきます。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

「就活解禁!来年から6月に前倒し(労働政策研究・研修機構)

日本経済団体連合会長の記者会見要旨

< 「大学生等のアルバイトに関する意識等の調査結果が公表されました! 

 (解説)

 この、厚生労働省では学生アルバイトを巡る労働条件や学業への影響などの

 現状及び課題を把握し適切な対策を講じる参考とするため、平成27年8月下旬

 から9月にかけて、大学生、大学院生、短大生、専門学校生に対し、アルバイト

 に関する意識等調査を行い、1000人から回答を得た結果が以下のとおり公表さ

 れました学生等を安易な労働力として使用することは許されません。これから

 は、働く人材の確保が難しくなることが必須です。弊事務所は、学生等の皆さん

 に対しても働社員と同様に安心して働くことができるルールを明確にして、適

 切な社会参加を促す取り組みが必要であると考えます。

 【調査結果】

 ・対象者1が経験したアルバイトの業種等は、コンビニエンススト(15.5%)、

  学習塾(個別指導)(14.5%)、スーパーマーケット(11.4%)、居酒屋 

  11.3%)の順であった。

  ・学生が経験したアルバイトのうち 58.7%が、労働条件通知書等を交付されて

     いないと回答。労働条件について、学生が口頭でも 具体的な説明を受けた記憶

     がないアルバイトが19.1%であった。

  ・学生が経験したアルバイトのうち48.2%(人ベースでは60.5%)が労働条件

     等で何らかのトラブルがあったと回答。トラブルの中では、シフトに関するも

     のが最も多く、賃金の不払い、労働時間が6時間を超えても休憩時間がなかっ

     たなどといった法律違反の恐れがあるものもあった。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

大学生等のアルバイトに関する意識等の調査結果について

大学生等へのアルバイトに関する意識等調査結果概要

学生アルバイトの労働条件の確保に向けた取組の強化について

< 「過重労働解消のための取り組みについて! 

 (解説)

 この、厚生労働省委託事業で開催された、過重労働解消のためのセミナーに参

 加しました。社員の働き過ぎは、本当に会社のためになるのか?企業は、今後の

 社会環境の変化に対応すべく、生き残りをかけてしのぎを削っています。過重労

 働解消?そんな余裕はないよ!必死なんだから!・・・残業代にどれくらいコス

 トが掛っているでしょうか?残業させないしくみをつくり、コストを削減するこ

 とで、様々な波及効果につながることを、ご存知でしょうか?労務コスト・職場

 環境改善による、働きやすい会社こそ、自社のユーザ獲得の一番近道となる事業

 戦略なのです。今こそ企業業績の向上のために過重労働解消が必要な時です。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

< 「働く女性の能力開発に対する意識(ライフデザイン白書2015より)」

  について 

 (解説)

 この、第一生命経済研究所から、働く女性の能力開発に対する意識について調

 査結果が公表されました。そてによると、働く目的については「働くのは当然だ

 から」の回答割合は、29歳以下では女性(42.2%)が男性(37.4%)を上回

 る。現在勤務している職場の評価については、男性同様女性も半数以上が「仕事

 の内容がおもしろい」と回答。現在身に付けている職業能力では「英語などの語

 学力」以外、すべての項目で女性よりも男性のほうが身につけていると回答。

 今後新たに身につけたい能力、伸ばしたいと思う能力では、「管理職としてのマ

 ネジメント能力」を身につけたい男性は 25.6%、女性は 12.6%。男女にかかわ

 らず、仕事にやりがいがあると思っている人のほうが、職業能力向上に意欲的

 あるこという結果となりました。人の成長を阻害している要因の一つは、やりが

 いを感じさせない仕事のプロセスにあると思われます。仕事の結果だけではなく

 プロセスにもっと着目する工夫が必要なのではないでしょうか。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・働く女性の能力開発に対する意識調査

< 「知っておきたい働くときの基礎知識」のお知らせ 

 (解説)

 弊事務所は、世の中に存在する商品やサービスの背景にある、経営者・生産者の

 想い・ビジョンなど現在の企業の事業経営動向を踏まえた豊富な知見から、学生

 対象の進路・就職などのキャリア支援を行っております。学生の皆様がマーケッ

 トインの視点で商品・サービスについて理解し、自ら考える力を養うことができ

 るようにサポートしていくことの大切さを痛感しています。

 全国社会保険労務士連合会からも、社労士が「出前授業」を行う際等に使用する

 教材として、平成26年10月に「知っておきたい働くときの基礎知識~社会に

 出る君たちへ~第2版」を発行しています。本教材は、これから社会に出る学生

 が安心して働けるように、働くときのルールや制度について、是非とも知って頂

 きたい内容について、わかりやすくまとめられていますので、参考になさってく

 ださい。※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・「知っておきたい働くときの基礎知識~社会に出る君たちへ~第2版」 

< 新ジョブカード制度のお知らせ 

 (解説)

 この度、厚生労働省では、「生涯を通じて活用するキャリア・プランニング」や

 「職業能力証明」のツールとして活用できるようジョブ・カードを見直し、10

 月ら新たな「ジョブ・カード制度」を開始することとなりました。

 「ジョブ・カード制度」とは、平成20年度にジョブ・カードを活用したキャリ

 アコンサルティング、実践的な職業訓練、就職活動などでの応募書類としての活

 用を通じ、安定的な雇用の促進などを図ることを目的に、これまでにジョブ・カ

 ードを作成した人は約132万人(平成27年6月末時点)に上ります。その大半が

 職業訓練での活用に限られていた状況を踏まえ、日本再興戦略改訂2014(平成

 26年6月24日閣議決定)で、ジョブ・カードを学生の段階から職業生活を通じて

 活用できるよう抜本的に見直すなどとされ、平成27年10月からは、個人のキャ

 リアアップや、多様な人材の円滑な就職などを促進するためのツールとして活用

 するものに見直すこととなりました。改正職業能力開発促進法に基づく告示で新

 たなジョブ・カードの様式を定めるとともに、普及方策などを定めた新ジョブ・

 カード制度推進基本計画を作成されました。新しいジョブ・カードは、職務経歴

 や免許・資格などの他に、職業訓練・仕事の振返りの評価やキャリア・プランを

 記入する項目など、さまざまな年齢層の人が、就職活動時などに活用できる様式

 となっております。これまでの取扱い者である「登録キャリア・コンサルタン

 ト」は、平成27年10月1日に「ジョブ・カード作成アドバイザー」に変更され、

 新ジョブカード制度講習を受講し修了すること等が必要となっています。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・10月から新たなジョブカード制度が始まります。

 ・新ジョブカード制度推進基本計画

 ・新ジョブカード制度様式

 ・新ジョブカード講習

< 改正障害者雇用促進法・福岡県障害者雇用促進大会のお知らせ >NEW!

 (解説)

 この度、平成28年4月1日から、改正障害者雇用促進法が施行されます。主に

 用分野における障害者に対する差別が禁止され、合理的配慮の提供が義務と

 なるものです。改正のポイントは、以下のとおりです。

 ・雇用分野での障碍者差別の禁止

 ・雇用分野での合理的配慮の提供義務

 ・相談体制整備、苦情処理・紛争解決の援助

 なお、福岡県では、10月8日に福岡県庁において「福岡県障害者雇用促進大

 会」が開催されます。基調講演では「障害者雇用から見る日本で一番大切にした

 い会社」と題して、法政大学大学院教授の坂本光司先生が講演されます。

 是非、ご参加くださいます様ご案内申し上げます。

 ※詳細は、以下をクリックして、ご覧ください。

 ・改正障害者雇用促進法について

                                  TOP

福岡・糸島の人材活性化・生涯学習の社会保険労務士 おおぎ事務所は、

福岡、糸島の中小事業者様・各公共機関の皆様へ労務・年金・キャリア・

コンサルティング,労働・社会保険手続,就業規則作成,人材教育,キャリア・

産業カウンセラー関連等のサービスをご提供し,企業業績向上,人材活性化・

生涯学習を応援します。

 

福岡・糸島の社会保険労務士 おおぎ事務所働き方・生き方に悩む皆様を

 サポートする、労務・年金・起業・キャリア支援の専門家です。

【 新着情報

※講演・セミナー↓

働き方生き方

に悩み・苦しむ

[シニア専門]

の相談室です!

こちらの旗を

クリック!(受付中)

お問い合わせ先

 092-322-6570

~~~~ Menu ~~~~

・ブログへ↓写真をクリック!

事務所便  ~NEW!~

代表雑感  ~NEW!~

週感心話  ~NEW!~ 

最新ニュース ~NEW!~

2018- 1   2018- 2

2018- 3   2018- 4

2018- 5   2018- 6

2017- 7   2017- 8

2017- 9   2017-10

2017-11  2017-12

・トピックス@なぅ!

(お問い合わせ)

TEL: 092-322-6570

FAX: 092-322-6570

Mail:

yme-oogi@bea.hi-ho.ne.jp

URL:(おおぎ事務所HP)

http://www.office-oogi.jp

 

・おおぎ事務所のブログ

http://ameblo.jp/oogi-jimusyo

・産業カウンセラ-実技対策講座

  のページは,以下のURLを

  クリック!

http://oogi-co.jimdo.com

・営業時間

   9:00 ~ 17:00 (月~金)

代表:

大城 悦徳

 (おおぎ えつのり) 

~所有資格等~

・特定社会保険労務士

(登録番号第40130074号)

・産業カウンセラー

・キャリアコンサルタント

(日本産業カウンセラー協会認定)

・年金アドバイザー2級

(銀行業務検定協会認定)

・第一種衛生管理者

・メンタルヘルス・マネジメントΙ種

 マスター・コース取得

 (大阪商工会議所施行)

 ・その他、IT関連資格等

 

大城 康子

  (おおぎ やすこ) 

~所有資格等~

・歯科衛生士

・介護支援専門員

産業カウンセラー

(日本産業カウンセラー協会認定)

・日本メンタルヘルス基礎心理

 カウンセラー

(日本メンタルヘルス協会認定)

・EFTjapanセラピスト

  (EFTjapan認定)

 

~ お問い合わせ ~

 こちらをクリック !

<九州・福岡・糸島>

~SINCE 2012-12~

事務所の看板犬

柴犬のクーちゃんから

皆様へ「おはよう!」

のご挨拶です。

~初代看板犬クッキー

・2000年

 6月7日糸島生まれ

 ※柴犬メス

・2015年11月19日

 永眠(15歳5ヶ月)

~二代目看板犬トトロ

・2016年

 7月17日糸島生まれ

 ※柴犬メス

2018年始動

 

2018年元旦の初日の出 

2018年事務所便り

糸島市神在神社の「神石」